竹岸食肉専門学校ホームサイトマップお問い合わせ
竹岸 政則 初代学校長

新着情報


 
第115期ポーク・ステップ・ジャンプ・セール 7月9日(金)
  テーマは『安心安全を送ります。鮮度もしっかりP.S.J.S!!』に決まり、茨城県産上規格の豚枝肉を枝分割から商品づくりを行いました。
新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえセールの形を変え、前期同様お客様が密にならないように完全予約制にして販売をしました。
セールを楽しみにしていた、たくさんのお客様が安心して、お買い物ができ好評のうちに完売できました。

食鶏の実習が終了しました。 6月23日(水)
  食鶏の実習最終日には、第115期ポーク・ステップ・ジャンプ・セールで販売する商品を三ツ取り操作からもも肉・むね肉を使った沢山の商品を作りました。
また、ブロイラーと雌鶏の違いや、地鶏・銘柄鶏・輸入鶏などの検食と考察を行いました。
マラソン大会  5月29日(土)
  清々しい天気に恵まれ、木々の新緑が眩しいなかマラソン大会が開催されました。
暑さを感じるほどでしたが、学生全員が最後まで走り、気持のよい汗を流しました。
優勝は、渡部 優太 君おめでとう御座います。

竹岸祭が開催されました。 5月19日(水)
  4月、5月生まれの6名の誕生会が行われ、参加者全員でお祝いをしました。誕生日を迎えた渡部優太君よりお礼の言葉がありました。
続いて赤ワインで、トーストマスター(久郷太輔君と嶺井ゆきのさん)両名の発声により、乾杯が行われ恒例のバーベキューが始まりました。
あいにくの雨になりましたが、第114期のOBも参加するなか、学生による元気いっぱいの余興が披露され、楽しい竹岸祭になりました。

オリエンテーリング  4月24日(土)
  茨城県筑波山にある茨城県立中央青年の家においてオリエンテーリングを行いました。
眼下に霞ヶ浦が一望できるほどの天候に恵まれ、10個のポイントを探し正確に早くゴールをした3号室が優勝です。
3号室おめでとうございます。
ゴール後、野外でのバーベキューを楽しみ全国から集まった同期の学生との絆を深め合う良いきっかけになりました。
第115回入学式が挙行されました。 4月15日(木)
  前日にPCR検査を実施し、全学生、全職員の陰性を確認しガイドライン等を踏まえ新型コロナウイルス感染症対策を講じて第115回入学式を迎えました。
北は北海道、南は沖縄から心を躍らせて、入学式に臨みました。
ご来賓の株式会社カスミ 矢代武彦様と第114期卒業生代表、株式会社イトーヨーカ堂 串田耕平様より新入学生に温かい祝辞を頂きました。
新入学生を代表し、小栁隆久君が新入学生宣誓を行いました。
第114回卒業式が挙行されました。 3月30日(火)
  第114期生全員が新型コロナウイルスに感染することなく無事に修学することが出来ました。
校庭の桜の花が、平年より早く満開になり開花した花びらが吹雪のように舞い散るなか、第114回卒業式が開催されました。
細谷正理事長代理からお祝いの言葉を頂き、引き続き平野正憲校長より温かい祝辞と励ましの言葉を頂きました。
卒業生を代表し、串田耕平君より卒業生答辞が読み上げられました。

牛実習が終わりました。2月20日(土)
  牛の枝分割(大きな骨の付いたものを6分割)を行い、捌き(脱骨)から商品を作り各部位の肉質検証を実施しました。
又、黒毛和牛(栃木県産)で商品(ステーキ、焼き肉用、しゃぶしゃぶ用など)を作り限定販売をしました。
実習で操作した牛の個体識別番号は、※08663-68276 ※13923-17998 ※14717-08235 ※14087-81140 ※13784-50411 です。

令和2年度「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」技能検定実技試験 2月6日(土)・7日(日)
  本年度は天候に恵まれ、2月6日(土)・7日(日)の2日間にわたり、新型コロナウイルス感染症への対策をしながらの令和2年度後期「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」技能検定実技試験が実施され、1級・2級の受験者37名が 全国各地より来校し、課題に取り組みました。

ソーセージ製造実習 2月4日(木)
  守谷市にあるデリカテッセン ハンス・ホールベックの小島豊先生の指導によりソーセージ製造実習をしました。

令和3年 成人式・新年会 1月26日(火)
  NHK「きょうの料理」の荻野恭子先生の指導による調理実習に於いて、おせち弁当を作り、皆で美味しく頂きました。
新成人2名の作元誠志君、本間賢佑君から成人の日を迎え、抱負の発表があり学生全員で楽しいひと時を過ごしました。


空
過去ニュースはこちらから
Copyright (C) 2008 Takegishi Meat Packaging Technological College