竹岸食肉専門学校ホームサイトマップお問い合わせ
竹岸 政則 初代学校長
バックナンバー

第105期ミート・ザ・ミート・フェア開催 9月17日(土)
  105期のフェアのテーマが『感謝をお届け!! 〜6ヵ月のありがとうを込めて〜』に決まり、希少部位を使った商品を提案し販売しました。
学生が提案した開発商品は、「トンからちゃん」・「豚もも肉の豆とろ春巻」の2点を販売し、大好評のうちに完売致しました。
*当日販売した、黒毛和牛の個体識別番号は、13592-92320 青森県産の「みき号」です。
空
牛実習が終わりました。8月20日(土)
  全部位の操作『牛の枝分割(大きな骨の付いたものを6分割)から捌き(脱骨)』を行い、黒毛和牛の商品(ステーキ、焼き肉用、しゃぶしゃぶ用など)を作りました。
牛の種別や各部位による肉質の違いと、調理方法などによる違いを全部位の検食を通し確認しました。
実習で使用した牛枝肉の個体識別番号は以下の通りです。
※12586-60107 ※12594-30426 ※08578-24583 ※12515-68134
※13376-79976 ※13501-97563 ※13620-24055 ※12496-50452
※12580-04529 ※13012-54710 ※13718-00275
空
ソーセージ製造実習  8月9日(火)
  3グループに分かれてウインナーやフランクフルトの種物を考え、「ふんわりマーガリンソーセージ 」、「カリーメンタイコーン」、「 しそキムチーズウインナー」の3種類のソーセージを作り、できたてを全員で検食しました。
空
OB講話
  当校を卒業されたOBの方々から在校生に講話を頂きました。
6月10日
中川喜代志氏(31期卒)
(株)みと食品ナカガワ
代表取締役 社長
7月12日
中村勇士郎氏(15期卒)
(有)グルメナカムラ
代表取締役
8月4日
山庄司氏(38期卒)
米国食肉輸出連合会
ジャパンディレクター
     
8月13日
竹田利明氏(27期卒)
(株)イトーヨーカ堂
専務執行役員商品本部長
8月15日
宮川亜貴夫氏(68期卒)
イオンリテール(株)
社長室 
新業態開発プロジェクトチーム
8月17日
稲木敏彦氏(40期卒)
(株)クリップハウス
代表取締役
     
空
市場見学 8月5日(金)
  ダイエーいちかわコルトンプラザ店(千葉県市川市)の店舗見学と、 東京都中央卸売市場・食肉市場(東京都港区)において体験学習を行いました。

(株)ダイエーの前田副店長からお話をいただき引き続き、西村氏第63期卒(食品商品本部ミート部チーフマーチャンダイザー)より、いちかわコルトンプラザ店について説明して頂きました。

東京食肉市場(株)の山田氏より、東京市場についての説明や豚の枝肉の見方について教えて頂た後、実際に行われているセリを見学する事が出来ました。
原田畜産食品(株)の原田会長から牛の各種別と日本全国からの産地による違い等、牛を見る時のポイントを実際の牛枝肉を見ながら細部にわたって詳しく教えて頂きました。その後、模擬セリを体験しました。
空
第105期ポーク・ステップ・ジャンプ・セール 7月9日(土)
  今期のセールのテーマは、『夏を満喫  〜味と元気のおすそわけ〜』に決まり、豚肉と鶏肉の品揃えのなか、焼肉やしゃぶしゃぶ
美味しいお肉で夏を満喫して、元気よく過ごせるようにと学生全員が協力しお客様をお迎え出来ました。
空
食鶏の実習が終了しました。 6月24日(金)
  食鶏の屠体から三つ取り操作より始り、ポーク・ステップ・ジャンプ・セールで販売する沢山の商品を作りました。
空
ソフトボール大会 5月31日(火)
  さわやかな五月晴れの日に、全学生が守備と打席に立ち全員参加のソフトボール大会を開催しました。
気持ちの良い汗をかき、楽しいひと時を過ごしました。
空
竹岸祭  5月27日(金)
  生憎の雨模様になり校庭で行う予定でしたが、室内での竹岸祭になりました。
トーストマスター(冨田 一郎君、原田 葉月さん)両名の発声により、乾杯が行われ恒例のバーベキューが始まりました。
第105期生、第104期卒業生による余興が披露され楽しい竹岸祭になりました。
空
平成28年度とりせん新入社員研修 5月10日(火)〜14日(土)
  4泊5日のとりせん新入社員研修が行われました。
午前は教室において講義(商業人としての心構え、食肉に関する基礎知識など)を受け、午後は実習場において、実際に全研修生が捌き操作や商品化を体験しました。
研修最終日には、いろいろな部位の検食を行い肉質や味の違いを知ることが出来ました。
研修生全員が、ナイフを持ち、お肉に触れ理解を深められた良い研修になりました。
空
マラソン大会  5月1日(日)
  マラソン大会が開催されました。
田植えが始まり、新緑の青葉が繁れる季節を迎えマラソン大会当日も気持ちの良い天候に恵まれました。
スタート前にマラソンコースの確認のため皆で学校周辺を散策しました。
学生全員が無事ゴールし気持ちの良い汗をかきました。優勝は、得津 達矢君おめでとう。
空
オリエンテーリング  4月20日(水)
  茨城県筑波山の道端にタンポポやつつじの花がいっせいに咲き始め気持ちの良い日差しの下、茨城県立中央青年の家を2回に分けてスタートしメンバーで協力しオリエンテーリングコースを駆け抜け全グループが無事にゴールしました。
全グループのゴール後、バーベキューを楽しみ全国から集まった同期の学生との絆を深め合う良いきっかけになりました。
空
第105回入学式が挙行されました。 4月15日(金)
  第105期生の入学式が挙行されました。
ご来賓や第104期卒業生代表の新川 裕司君から温かいお言葉を頂き、最後に入学生を代表し、藤森 朋也君が新入学生宣誓を行いました。
空
第104回卒業式が挙行されました。 3月30日(水)
  春光うららかな季節となりました。校庭に、桜の花が咲き、第104期の卒業式が沢山のご来賓またご家族が見守る中厳かに挙行されました。
ご来賓、ご家族の皆さんから沢山の温かい祝辞と励ましの言葉を頂きました。
卒業生を代表し、新川裕司君より卒業生答辞が読み上げられました。
新たな夢と希望を胸に全国各地へと力強く巣立って行きました。
空
第104期ミート・ザ・ミート・フェア開催 3月19日(土)
  ストアのテーマが『竹岸春の肉祭り』に決まり、ハレの日の、ご馳走メニュー(各部位のステーキ等)を提案し沢山の商品を作って販売しました。
学生が提案した開発商品は、「サクトロコロッケ」・「やわらかミルフィーユカツ」の2点を販売し、大好評のうちに完売致しました。
空
牛実習が終わりました。2月22日(月)
  各学生が、全部位の操作『牛の枝分割(大きな骨の付いたものを6分割)から捌き(脱骨)』を行い、商品(ステーキ、焼き肉用、すき焼き用など)を作りました。
牛の種別や各部位による肉質の違いと、調理方法などによる違いを全部位の検食を通し確認しました。
実習で使用した牛枝肉の個体識別番号は以下の通りです。
※13404-94917 ※03216-08299 ※02882-10801 ※08595-63831
※08547-31617 ※13010-40528 ※3011-19255
空

ソーセージ製造実習  2月15日(月)
  3グループに分かれてウインナーやフランクフルトの製造実習を行いました。
「カレーウィンナー」、「チョコレートソーセージ」、「無添加ウィンナー(レモン&パセリ」の3種類のソーセージを作りました。
空
OB講話  2月12日(金)
  青雲ミート会 関西支部 支部長で、(株)みと食品ナカガワ 代表取締役 中川喜代志氏(31期卒)のOB講話がありました。
実務を通じての多くの体験のお話をいただき今後の自分達の参考になることが沢山ありました。
空
市場見学 2月10日(水)
  ダイエーいちかわコルトンプラザ店(千葉県市川市)の店舗見学と、 東京都中央卸売市場・食肉市場(東京都港区)において体験学習を行いました。
(株)ダイエーの前田副店長からお話をいただき引き続き、西村氏第63期卒(食品商品本部ミート部チーフマーチャンダイザー)より、いちかわコルトンプラザ店についての店舗説明と商品などについて教えて頂きました。
東京食肉市場(株)の山田氏より、東京市場の説明を受けた後、実際に行われているセリを見学する事が出来ました。
原田畜産食品(株)の原田会長から牛の各種別と日本全国からの産地による違い等、牛を見る時のポイントを実際の牛枝肉を見ながら細部にわたって詳しく教えて頂きました。その後、模擬セリを体験しました。
空
平成27年度「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」技能検定実技試験 2月6日(土)・7日(日)
  本年度は天候に恵まれ、2月6日(土)・7日(日)の2日間にわたり,平成27年度後期「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」技能検定実技試験が実施され、1級・2級の受験者273名が 全国各地より来校し、課題に取り組みました。
空
平成28年 成人式・新年会 1月25日(月)
  『創作 和太利庵』のオーナーシェフ 松下氏の指導による調理実習に於いて、おせち弁当(ローストビーフ、海老フライ、またプリン等)作り、皆で美味しく頂きました。
日本の伝統文化への理解を深めてもらおうと,毎年開かれている、茶会(初釜)を学生が体験し本席の作法を学びました。
部屋対抗の余興を披露して楽しいひと時を過ごしました。
空
第104期ポーク・ステップ・ジャンプ・セール 1月22日(金)
  今期のセールのテーマワードは、『もっと・HOT“絆”』に決まり、暖かいお鍋を囲んだ家族の絆や友人、私達とお客様との絆を大切にしたお店作りをしました。
セール当日は、天候に恵まれ学校の特設ショップに沢山のお客様がご来店され、お買い物を楽しんで頂きました。
空
食鶏の実習が終了しました。 12月21日(月)
  ブロイラーの三つ取り操作から商品(もも肉、むね肉、手羽先のチューリップなど)作り、またブロイラーと雌鶏の違いや、地鶏・銘柄鶏・輸入鶏などの検食と考察を行いました。
食鶏の実習最終日には、第104期ポーク・ステップ・ジャンプ・セールで販売する食鶏(ブロイラー)の商品作りをしました。
空
竹岸祭  11月19日(木)
  学校の花壇に菊の花が咲く季節に第104期竹岸祭が開催されました。
トーストマスター(梶浦 龍君、瀬谷 辰義君)両名の発声により、乾杯が行われ恒例のバーベキューが始まりました。
学生(第103期本科生、第104期生)第103期卒業生による余興が披露され楽しい竹岸祭になりました。
空
中川学園調理技術専門学校生「食肉解体体験学習」 11月5日(金)
  中川学園の1年コースと2年コースの卒業を控えた総勢48名の学生が参加し、豚枝肉の解体【枝分割から各部位の捌き(脱骨操作)】を見学し、実際に操作してお肉に対する新しい発見と感動がありました。また、お肉のトリミングを行い楽しく体験学習をする事が出来ました。
空
マラソン大会  10月24日(土)
  マラソン大会が開催されました。
秋晴れの気持ちの良い天気に恵まれ、初めにマラソンコースの確認のため皆で学校周辺を散策しました。
優勝は、荻島悠弥君でした。
空
オリエンテーリング  10月17日(土)
  茨城県の筑波山にある茨城県立中央青年の家においてオリエンテーリングを行いました。
各グループのメンバーで協力し全グループが無事にゴールしました。
ゴール後、バーベキューを楽しみ全国から集まった同期の学生との絆を深め合う良いきっかけになりました。
空
第104回入学式が挙行されました。 10月15日(木)
  第103期本科後期履修生の始業式、第104期生の入学式が挙行されました。
ご来賓や第103期卒業生代表の村田 雄介君から温かいお言葉を頂き、最後に入学生を代表し、新川 裕司君が新入学生宣誓を行いました。
空
第103回卒業式が挙行されました。 9月30日(水)
  第103期本科前期履修生の終業式、第102期本科生、第103期生の卒業式が挙行されました。
ご来賓から沢山の温かい祝辞と励ましの言葉を頂きました。
最後に、卒業生を代表し、村田 雄介君より卒業生答辞が読み上げられました。
空
OB講話  6月12日(金)
  青雲ミート会 関西支部 支部長で、(株)みと食品ナカガワ 代表取締役 中川喜代志氏(31期卒)のOB講話がありました。
実務を通じての多くの体験のお話をいただき今後の自分達の参考になることが沢山ありました。
空
第103期ミート・ザ・ミート・フェア開催  9月17日(木)
  103期は、ストアのテーマが『19の彩り』に決まり、シャブシャブ・すきやき等の、ご馳走メニューを提案し沢山の商品を作って販売しました。
開発商品は、「シャキトロ肉巻き」・「栗とさつまいものポークコロッケ」の2点を販売し、大好評のうちに完売致しました。
空
牛実習が終わりました。8月19日(水)
  各学生が、全部位の操作『牛の枝分割(大きな骨の付いたものを6分割)から捌き(脱骨)』を行い、商品(ステーキ、焼き肉用、すき焼き用など)を作りました。
牛の種別や各部位による肉質の違いと、調理方法などによる違いを全部位の検食を通し確認しました。
実習で使用した牛枝肉の個体識別番号は以下の通りです。
※13716-76900 ※12457-26182 ※08588-25039 ※02680-10667
※13009-62210 ※13522-34754 ※13005-90123 ※12474-62262
※12651-13665 ※11811-57194 ※12418-17105 ※12138-53490
※13355-83633 ※13501-90496
空
ソーセージ製造実習  8月7日(金)
  3グループに分かれてウインナーやフランクフルトの製造実習を行いました。
「ガーリック&オニオン」、「うめぼし&しそ」、「とーがらしみそ&にんにく&かつおぶし」、「レモン&パセリ」の4種類のソーセージを作りました。
空
市場見学 7月30日(木)
  ダイエーいちかわコルトンプラザ店(千葉県市川市)の店舗見学と、 東京都中央卸売市場・食肉市場(東京都港区)において体験学習を行いました。

(株)ダイエーの前田副店長からお話をいただき引き続き、西村氏第63期卒(食品商品本部ミート部チーフマーチャンダイザー)より、いちかわコルトンプラザ店についての店舗説明や棚割(商品の陳列)などについて教えて頂きました。

東京食肉市場(株)の山田氏より、豚の流通や枝肉の見方(美味しいお肉など)の説明を受け、実際に行われているセリを見学する事が出来ました。

原田畜産食品(株)の原田会長から牛の各種別と日本全国からの産地による違い等、牛を見る時のポイントを実際の牛枝肉を見ながら細部にわたって詳しく教えて頂きました。その後、模擬セリを体験しました。

空
第103期ポーク・ステップ・ジャンプ・セール 7月10日(金)
  今期のセールのテーマワードは、『ポークフェス〜夏の陣』に決まりお客様が楽しくお買い物ができるお店を作りました。
セール当日は、天候に恵まれ学校の特設ショップに沢山のお客様がご来店され、お買い物を楽しんで頂きました。
また、沢山のメニー(料理)提案を行い試食していただきました。
空
食鶏の実習が終了しました。 6月24日(水)
  ブロイラーの三つ取り操作から商品を作り、またブロイラーと雌鶏の違いや、地鶏・銘柄鶏・輸入鶏などの検食と考察を行いました。
食鶏の実習最終日には、第103期ポーク・ステップ・ジャンプ・セールで販売する食鶏(ブロイラー)の商品作りをしました。
空
竹岸祭  5月26日(火)
  さわやかな五月晴れの日、ご来賓、第102期OBも参加され竹岸祭が開催されました。トーストマスター(兼子裕也君、植田英雄君)両名の発声により、乾杯が行われ恒例のバーベキューが始まりました。
学生による余興が披露され楽しい竹岸祭になりました
空
ソフトボール大会 5月22日(金)
  さわやかな五月晴れの日に、全学生が守備と打席に立ち全員参加のソフトボール大会を開催しました。
第1戦の、MチームとOチームとの対戦では、13対10でMチームが勝利し続いて
第2戦は、AチームとBチームが戦いAチームが、10対7で勝利しました。
両試合とも前評判とは違った結果になりましたが、接戦の大変楽しいソフトボール大会となりました。
空
平成27年度とりせん新入社員研修 5月12日(火)〜16日(土)
  4泊5日のとりせん新入社員研修が行われました。
午前は教室において講義(商業人としての心構え、食肉に関する基礎知識など)を受け、午後は実習場において、実際に全研修生が捌き操作や商品化を体験しました。
研修最終日には、いろいろな部位の検食を行い肉質や味の違いを知ることが出来ました。
研修生全員が、ナイフを持ち、お肉に触れ理解を深められた良い研修になりました。
空
マラソン大会  4月25日(土)
  マラソン大会が開催されました。
マラソンコースの木々の緑が鮮やかで、大変気持のよい天候に恵まれ、学生全員が無事ゴールし楽しい一日を過ごしました。
優勝は、毎日のランニングが趣味で走ることが好きな 山吉 利和 君でした。
空
オリエンテーリング  4月18日(土)
  茨城県の筑波山にある茨城県立中央青年の家においてオリエンテーリングを行いました。
汗ばむほどの天候に恵まれ、オリエンテーリングのコースをメンバーで協力し全グループが無事にゴールしました。
ゴール後、バーベキューを楽しみ全国から集まった同期の学生との絆を深め合う良いきっかけになりました。
空
第103回入学式が挙行されました。 4月15日(水)
  第102期本科後期履修生の始業式、第103期生の入学式が挙行されました。
ご来賓や第102期卒業生代表の中島 裕 君から温かいお言葉を頂き、最後に入学生を代表し、村田 雄介 君が新入学生宣誓を行いました。
入学式後の会食会に於いて、ご来賓やご父兄から改めて新入学生に直接、励ましとお祝いの言葉を頂きました。
空
第102回卒業式が挙行されました。 3月28日(土)
  第102期本科前期履修生の終業式、第101期本科生、第102期生の卒業式が挙行されました。
松井鉄也名誉校長(プリマハム椛纒\取締役社長)からお祝いの言葉を頂き、引き続きご来賓からも沢山の温かい祝辞と励ましの言葉を頂きました。
最後に、卒業生を代表し、中島 裕 君より竹岸学園で培った知力・気力・体力を生かし社会に貢献すべく力強く卒業生答辞が読み上げられました。
空
OB講話
  OBの方々から講話を頂きました。

(有)グルメ・ナカムラ 代表取締役 
中村勇士郎氏(15期卒)

米国食肉輸出連合会(USMEF)
シニアマーケティングディレクター
 山庄司岳道氏(38期卒)

イオン商品調達(株) 
生鮮調達本部 
宮川亜貴雄氏(68期卒)

     
 

(株)みと食品ナカガワ 
代表取締役 中川喜代志氏(31期卒)

 

(株)アイワイフーズ 代表取締役 
竹田利明氏(27期卒)

空
第102期ミート・ザ・ミート・フェア開催  3月19日(木)
  102期は、ストアのテーマが《花咲く春の肉祭り》に決まり、ご馳走メニューの提案として黒毛和牛の各部位(いちぼ・ともさんかく・みすじなど)を使ったステーキを沢山作って販売しました。
第102期の開発商品は、『春キャベ包みチーズカツ』・『豚そぼろ春巻』の2点を販売し、大好評のうちに完売致しました。
空
牛実習が終わりました。2月19日(木)
  各学生が、全部位の操作『牛の枝分割(大きな骨の付いたものを6分割)から捌き(脱骨)』を行い、商品(ステーキ、焼き肉用、すき焼き用など)を作りました。
牛の種別や各部位による肉質の違いと、調理方法などによる違いを全部位の検食を通し確認しました。
実習で使用した牛枝肉の個体識別番号は以下の通りです。
※13560-76336 ※12599-90333 ※03144-06536 ※13455-44860
※12170-98361 ※12050-77415 ※12083-59877
空
市場見学 2月18(水)
  ダイエーいちかわコルトンプラザ店(千葉県市川市)の店舗見学と、 東京都中央卸売市場・食肉市場(東京都港区)において体験学習を行いました。

(株)ダイエーの小林副店長からお話をいただき引き続き、菊地氏(人材育成部人材育成課)と西村氏第63期卒(関東事業本部食品商品本部ミート部チーフマーチャンダイザー)より、新規改装した、いちかわコルトンプラザ店についての店舗説明や棚割(商品の陳列)などについて教えて頂きました。

東京食肉市場(株)の落合氏より、豚の流通や枝肉の見方(美味しいお肉など)の説明を受け、実際に行われているセリを見学する事が出来ました。

原田畜産食品(株)の原田会長から牛の各種別の、ホルスタイン・交雑牛(国産牛)・和牛や北海道から九州と日本全国からの産地による違い等、牛枝肉の実物を見ながら細部にわたって詳しく教えて頂きました。その後、模擬セリを体験しました。

空
ソーセージ製造実習  2月10日(火)
  3グループに分かれてウインナーやフランクフルトの製造実習を行いました。
「おつまみソーセージ」、「赤飯ソーセージ」、「レモン&パセリ」の3種類のソーセージを作りました。
加工理論の荒木先生からは、各グループのウインナーやフランクフルトについて細かくコメントをいただき、改良点などを考察して頂きました。
空
平成26年度「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」技能検定実技試験 2月7日(土)・8日(日)
  本年度は天候に恵まれ、2月7日(土)・8日(日)の2日間にわたり,平成26年度後期「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」技能検定実技試験が実施され
1級・2級の受験者248名が 全国各地より来校し、課題に取り組みました。
空
平成27年 成人式・新年会 1月29日(木)
  風が少しあり、体感温度が低く感じまし日本の伝統文化への理解を深めてもらおうと,毎年開かれている、茶会(初釜)を学生が体験し本席の作法を学び、菓子や茶を味わいました。
部屋対抗の余興が始まり、目隠し書き初め、漫才など参加者全員が楽しいひと時を過ごしました。
空
第102期ポーク・ステップ・ジャンプ・セール 1月20日(火)
  風が少しあり、体感温度が低く感じましたが、天候に恵まれ学校の特設ショップに沢山のお客様がお見えになりお買い物を楽しんで頂きました。
今期のセールのテーマワードは、『健康嗜好』に決まりヘルシーで美味しいお肉を販売しお客様に喜んで頂けるように、全学生が一丸となり沢山の商品を作り販売致しました。
空
食鶏の実習が終了しました。 12月20日(土)
  ブロイラー(つくば鶏)の三つ取り操作から商品を作り、またブロイラーと雌鶏の違いや、地鶏・銘柄鶏・輸入鶏などの検食と考察を行いました。
食鶏の実習最終日には、第102期ポーク・ステップ・ジャンプ・セールで販売する食鶏(ブロイラー)の商品作りをしました。
空
クリスマスパーティー  12月20日(土)
  学生手造りの少し早い、クリスマスパーティーが開催されました。。
食鶏実習で作った骨付きもものローストチキンや海鮮丼、オードブルなどがテーブルにセットされ、赤ワインの乾杯でクリスマスパーティーが始まり全員参加のビンゴゲームで大変盛り上がりました。
空
鞄c子重・竹岸食肉専門学校研修 11月25日〜29日
  鞄c子重の精肉サブチーフ研修が行われました。
午前は、食肉の基礎知識と実際に操作した牛肉の商品化に基き売価設定(原価計算と値入れ)を行い現場で役に立つ数字について理解を深め、引き続き午後は牛肉の商品化を中心に実習が行われました。
3グループに分かれて、実際に沢山の商品を作りながら肉質の違い(各部位の違いや商品化の違いによる)を検食を交えて研修生全員が学習出来ました。
最終日には、豚枝肉(骨のついた大きな肉塊)から商品が出来るまでを体験し、検食を通じて肉質の違いを確認出来ました。
空
第102期竹岸祭  11月20日(木)
  菊花薫る時節と言いますが、校庭の花壇にも菊の花が咲き少し肌寒く感じるなか竹岸祭が開催されました。
地元の牛久赤ワインで、トーストマスター(大島 寿斗君、浅見 文貴君)両名の発声により、乾杯が行われ恒例のバーベキューが始まりました。
学生による余興が披露されご来賓、第101期生の先輩も参加され楽しい竹岸祭になりました。
空
中川学園調理技術専門学校生「食肉解体体験学習」 11月5日(水)
  中川学園の1年コースと2年コースの卒業を控えた総勢50名の学生が参加し、初めに豚の枝肉などについて説明を受け「ヒレ肉」がどこに位置しているのか等、お肉に対する新しい発見と感動がありました。
引き続き、豚枝肉の解体【枝分割から各部位の捌き(脱骨操作)】を見学と実際にナイフを持ち、参加者全員で、小分けをされた肉塊の筋引きやトリミングを行い楽しく体験学習する事が出来ました。
*骨がついた大きな肉塊(枝肉)を3分割することを枝分割と言います。
空
ソフトボール大会 5月22日(金)
  さわやかな五月晴れの日に、全学生が守備と打席に立ち全員参加のソフトボール大会を開催しました。
第1戦の、MチームとOチームとの対戦では、13対10でMチームが勝利し
続いて第2戦は、AチームとBチームが戦いAチームが、10対7で勝利しました。
両試合とも前評判とは違った結果になりましたが、接戦の大変楽しいソフトボール大会となりました。
空
マラソン大会  10月25日(土)
  秋晴れのさわやかな気持ちのよい日に、マラソン大会が開催されました。
学校を周回するコースを走り気持のよい汗を掻き、学生全員が無事ゴールし楽しい一日を過ごしました。
1着でゴールした塚田 乃紀君が優勝しました。
空
オリエンテーリング  10月18日(土)
  茨城県の筑波山にある茨城県立中央青年の家においてオリエンテーリングを行いました。
オリエンテーリングのコース途中には、みかんや柿がきれいに色付き秋を感じながら10個のポイントを探し全グループが無事にゴールしました。
ゴール後、バーベキューを楽しみ全国から集まった同期の学生との絆を深め合う良いきっかけになりました。
空
第102回入学式が挙行されました。 10月15日(水)
  第101期本科後期履修生の始業式、第102期生の入学式が挙行されました。
ご来賓や第101期卒業生代表の乗富琢磨君から温かいお言葉を頂き、最後に入学生を代表し、中島 裕 君が新入学生宣誓を行いました。
式終了後、職員も参加した会食会において新入学生が自己紹介を兼ねて、これからの学園生活の抱負や目標を発表し充実した学園生活を送ることを誓いました。
空
創立50周年記念式典 10月2日(木)
   全国各地から来賓をはじめ数多くの卒業生が参加され竹岸食肉専門学校創立50周年を、KFCホールにおいて記念式典及び記念講演が華々しく開催され、祝賀会を第一ホテル両国「清澄」において行われました。
 式典では、竹岸政博理事長の挨拶に続き、松井鉄也名誉校長(プリマハム椛纒\取締役社長)の挨拶があり、次いで、卒業生で組織する青雲ミート会の竹田利明会長(27期卒・アイワイフーズ且ミ長)の挨拶を頂きました。
 来賓挨拶を、潟Cトーヨーカ堂の戸井和久社長兼COO続いて、潟^イヨーの清川和彦社長(27期卒)から祝辞を頂きました。
 引き続き、記念講演を潟Iリエンタルランドキャストディベロップメント部 南澄恵 部長より「東京ディズニーリゾートにおける人財育成について」〜すべてのゲストに圧倒的なホスピタリティを〜の講演がありました。
講演終了後、場所を第一ホテル両国に移し、祝賀会において細谷正 竹岸学園理事、栗原是清 竹岸食肉専門学校教授の挨拶がありつづいて潟}ルエツの上田真社長(30期卒)次いで、日本サッカー協会 大東 和美名誉副会長 (前 Jリーグ チェアマン)より祝辞を頂きました。
前青雲ミート会会長 鞄n邊商事 渡邊幸富社長 (13期卒)の万歳三唱で閉会しました。
竹岸政博理事長 松井鉄也名誉校長
プリマハム
代表取締役社長
青雲ミート会の竹田利明会長
27期卒
アイワイフーズ且ミ長
潟Cトーヨーカ堂の
戸井和久社長兼COO
潟^イヨーの清川和彦社長
(27期卒)
平野 正憲 校長
細谷正
理事
栗原是清
教授
潟}ルエツの上田真社長
(30期卒)
日本サッカー協会
大東和美名誉副会長
記念式典・記念講演終了後
参加者全員での記念撮影
祝賀会を万歳三唱により閉会しました。
空
第101回卒業式が挙行されました。 9月30日(火)
  第101期本科前期履修生の終業式、第101期生の卒業式が挙行されました。
半年前に入学して以来、全員が一つになって考え、行動し一生付き合える沢山の友人が全国各地に出来ました。
卒業生を代表し、乗富 琢磨 君より竹岸学園で培った知力・気力・体力を生かし社会に貢献すべく力強く卒業生答辞が読み上げられました。
空
第101期ミート・ザ・ミート・フェア開催  9月19日(金)
  開店前から沢山のお客様にご来店頂き全学生が感謝の気持ちを持って接客、販売をしました。
第101期の開発商品は、『紅あずまミートコロッケ』・『明太入りちまき揚げ』の2点を販売し、大好評のうちに完売致しました。
空
OB講話
  OBの方々から講話を頂きました。
6月 6日(金) (株)斉藤商店 代表取締役 斉藤智夫氏(35期卒)
6月13日(金) (株)みと食品ナカガワ 代表取締役 中川喜代志氏(31期卒)
8月 5日(火) 前 東武ストア 代表取締役 玉置富貴雄氏(11期卒)
8月 8日(金) (株)アイワイフーズ 代表取締役 竹田利明氏(27期卒)
8月13日(水) イオン商品調達(株) 生鮮調達本部 宮川亜貴雄氏(68期卒)
8月14日(木) 米国食肉輸出連合会(USMEF)
シニアマーケティングディレクター 山庄司岳道氏(38期卒)
以上の方々よりOB講話を頂きました。
空
牛実習が終わりました。8月20日(水)
  牛の枝分割(大きな骨の付いたものを6分割)から捌き(脱骨操作)、商品(ステーキ、焼き肉用、すき焼き用など)を作り、全部位の検食を行い、部位による肉質の違いなどを確認しました。
実習で使用した牛枝肉の個体識別番号は以下の通りです。
※13074-88386 ※12598-49723 ※12430-17374 ※12428-53676
※05294-04877 ※12456-58025 ※12635-19612 ※03842-08078
※12509-70501 ※13356-27337 ※12581-44348 ※13716-09908
※14388-09425
空
ソーセージ製造実習  8月18日(月)
  4グループに分かれてウインナーやフランクフルトの製造実習を行いました。
ウインナーやフランクフルトのなかに入れる種物をグループのメンバーと話し合いました。
商品名は、「じゃがバター風ソーセージ」、「チキラーフランク」、「たこ焼きウィンナー」、「無塩せき レモンパセリウィンナー」の4種類のソーセージを作りました。
加工理論の荒木先生からは、各グループの商品について細かくコメントをいただき、まとめとして全体的に良く出来ていて、レベルが高いとのコメントを頂きました。
空
市場見学 8月8日(金)
  ダイエーいちかわコルトンプラザ店(千葉県市川市)の店舗見学と、 東京都中央卸売市場・食肉市場(東京都港区)において体験学習を行いました。

(株)ダイエーの菊地氏(人材育成部人材育成課)と服部氏第66期卒(関東SM事業本部商品部ミートカテゴリーCBY)より、いちかわコルトンプラザ店についての店舗説明や棚割(商品の陳列)などについて教えて頂きました。

東京食肉市場(株)の落合氏より、豚の生産・流通の変化や枝肉の見分け方などの説明を受け、実際に行われているセリを見学する事が出来ました。

原田畜産食品(株)の原田会長から牛枝肉『ホルスタイン・交雑牛(国産牛)・和牛』など、実物を見ながら詳しく教えて頂きました。その後、模擬セリを体験しました。

空
第101期ポーク・ステップ・ジャンプ・セール 7月11日(金)
  台風8号の影響によりセール会場を学校に移し第101期のポーク・ステップ・ジャンプ・セールを開催しました。
天気予報に反しセール当日は、天候に恵まれ学校の特設ショップには沢山のお客様に御来店頂きお買いものを楽しんで頂きました。
セールのテーマワードを『101期New豚セール』に決まり茨城県産上規格の豚枝肉を使用し、茨城県産の野菜と組み合わせたキット商品を販売しました。
空
食鶏の実習が終了しました。 6月25日(水)
  食鶏の実習に入り、ブロイラー(つくば鶏)の三つ取り操作から「もも正肉・むね正肉など」沢山の商品作りを学び、食鶏実習最終日には、第101期ポーク・ステップ・ジャンプ・セールで販売する食鶏(ブロイラー)の商品作りをしました。
また、ブロイラーと雌鶏の違いや、地鶏・銘柄鶏・輸入鶏など数多くの種類を検食し食鶏についての理解を深めました。
空
プリマハム(株)茨城工場従業員との懇親会(バーベキュー)  6月22日(日)
  小雨模様でしたが、グラウンドに在るバーベキュー場において、プリマハム活城工場従業員と学生の懇親会(バーベキュー)が行われ、楽しい思い出が出来ました。
空
第101期竹岸祭  5月21日(水)
  朝から雨と風が強く、開校以来初めてとなる室内での竹岸祭の開催となりなりました。
トーストマスター(前田 将英君、室井 貴彰君)2名の発声により、地元の牛久赤ワインとバーベキューを食べながら、学生による余興が披露されご来賓、第100期生の先輩も参加され楽しい竹岸祭になりました。
空
平成26年度とりせん新入社員研修 5月13日(火)〜17日(土)
  4泊5日のとりせん新入社員研修が行われました。
午前は教室において講義(商業人としての心構え、食肉に関する基礎知識など)を受け、午後は実習場において、枝肉(骨つきの大きな肉塊)から捌き操作(脱骨)を見学し、また、実際に全研修生が捌き操作や商品化を体験しました。
研修生全員が、ナイフを持ち、お肉に触れ理解を深められた良い研修になりました。
空
マラソン大会 4月26日(土)
  マラソンコース途中では、田植えの準備も始まり,少し汗ばむ陽気の中マラソン大会が行われ、岡野 恭平君が第1位でゴールし学生皆で最終ランナーを応援し無事全員がゴール出来ました。
空
オリエンテーリング  4月18日(金)
  野山の緑がしだいに色濃く染まっていくのがとても楽しみな季節に、茨城県の筑波山にある茨城県立中央青年の家においてオリエンテーリングを行いました。
オリエンテーリング終了後、第99期本科生が実習で作ったフランクフルト、ロースハムのステーキも出され、参加者全員でバーベキューを楽しく味わい全国から集まった同期の学生との絆を深め合う良いきっかけになりました。
空
第101回入学式が挙行されました。 4月15日(火)
  沢山のご来賓やご父兄が参加され第101期生の入学式が挙行されました。
ご来賓やご父兄から温かいお言葉を頂き、最後に入学生を代表し、安達 祐樹君が新入学生宣誓を行いました。
式終了後の会食会において各人が自己紹介を兼ねて、これからの学園生活の抱負や目標を発表し充実した学園生活を送ることを誓いました。
空
第100回卒業式が挙行されました。 3月29日(土)
  第99期本科生、第100期生の卒業式が挙行されました。
卒業生を代表し、松永 佳樹 君より卒業生答辞が読み上げられました。
校庭の桜は、朝つぼみが膨らんで、皆をお祝いするかのように卒業式が終わる頃には花が開き、卒業生は元気よく全国各地に巣立って行きました。
空
第100期ミート・ザ・ミート・フェア開催 3月20日(木)
  フェア当日は、朝からの雨に心配しましたが、開店前から沢山のお客様にご来店頂き全学生が感謝の気持ちを持って接客、販売をしました。
第100期の開発商品は、『豚とレンコンの和風ミルフィーユ』・『とろ〜り豚バラ餃子』の2点を販売し、大好評のうちに完売致しました。
空
市場見学 2月24日(月)
  ダイエーいちかわコルトンプラザ店(千葉県市川市)の店舗見学と、 東京都中央卸売市場・食肉市場(東京都港区)において体験学習を行いました。

(株)ダイエー(人事企画部教育企画課)山本氏と第66期卒の(関東SM事業本部商品部ミートカテゴリーCBY)服部氏より、いちかわコルトンプラザ店についての説明や棚割(商品の陳列)商品作り、などについて詳しく教えて頂きました

東京食肉市場(株)の落合氏より、豚の流通や枝肉の見方(美味しいお肉など)の説明を受け、実際に行われているセリを見学する事が出来ました。

原田畜産食品(株)の原田会長から牛の各種別の、ホルスタイン・交雑牛(国産牛)・和牛や北海道から九州と日本全国からの産地による違い等、牛枝肉の実物を見ながら細部にわたって詳しく教えて頂きました。その後、模擬セリを体験しました。

空
OB講話
  OBの方々から講話を頂きました。
12月6日(金) (株)斉藤商店 代表取締役 斉藤智夫氏(35期卒)
1月31日(金) イオン商品調達(株) 生鮮調達本部 宮川亜貴雄氏(68期卒)
2月6日(木) 米国食肉輸出連合会(USMEF)
シニアマーケティングディレクター 山庄司岳道氏(38期卒)
2月12日(水) 前 東武ストア 代表取締役 玉置富貴雄氏(11期卒)
2月13日(木) (株)イトーヨーカ堂 取締役 
専務執行役員 竹田利明氏(27期卒) 
   
以上の方々よりOB講話を頂きました。
空
牛の実習が終わりました。 2月19日(水)
  各学生が、全部位の操作『牛の枝分割(大きな骨の付いたものを6分割)から捌き(脱骨)』を行い、商品(ステーキ、焼き肉用、すき焼き用など)を作りました。
牛の種別や各部位による肉質の違いと、調理方法などによる違いを全部位の検食を通し確認しました。

実習で使用した牛枝肉の個体識別番号は以下の通りです。
※12574-81277 ※12391-14674 ※12551-10179 ※12516-28449
※11954-57594 ※13034-74529 ※05457-05231 

空
平成25年度「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」技能検定実技試験 2月8日(土)・9日(日)
  45年振りの大雪のなか、2月8日(土)・9日(日)の2日間にわたり,平成25年度後期「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」技能検定実技試験が実施され1級・2級の受験者265名が 全国各地より来校し、課題に取り組みました。

ピックル・包装1級

整形1級

要素1級

空
ソーセージ製造実習  2月4日(火)
  3グループに分かれてウインナーやフランクフルトの製造実習を行いました。
今回製造したソーセージは、「3時のおやつウインナー」、「抹茶フランク チョコ入り」、「さっぱりウインナー」の3種類です。
加工理論の荒木先生からは、『スイーツ・お菓子感覚で食べられる斬新な味のウインナーになりました。』とのコメントを頂きました。
空
第100期ポーク・ステップ・ジャンプ・セール 1月23日(木)
  冬期休暇が終わり、ポーク・ステップ・ジャンプ・セールの準備を始め市場調査からストア計画を学生全員で話し合い決めていきました。
茨城県産上規格の豚枝肉を使用し、枝分割(肩、ロースばら、腿に分割すること)から商品作りまでを学生全員が協力し,丁寧な商品作りができセール当日を迎えました。
セール当日は,天候に恵まれご来店頂いた沢山のお客様に豚汁とメンチカツの試食をして頂きながら買い物を楽しんで頂きました。
空
平成26年 成人式・新年会 1月11日(土)
  日本の伝統文化への理解を深めてもらおうと,毎年開かれている、茶会(初釜)を学生が体験し本席の作法を学び、菓子や茶を味わいました。
部屋対抗の余興が始まり、3人羽織、リズム体操、漫才など参加者全員が楽しいひと時を過ごしました。

料理実習で作った、成人式・新年会用のおせち弁当とオードブル

成人式を迎えた4名の学生に、平野学校長より記念品が贈呈されました。

茶会(初釜)の様子

新年会の様子

空
食鶏の実習が終了しました。 12月20日(金)
  肉用若鳥(ブロイラー)と産卵用鶏(雌鶏)の違いや産地による違い、銘柄鶏、地鶏など数多くの種類を検食を通して確認し、食鶏実習最終日には、第100期ポーク・ステップ・ジャンプ・セールで販売する食鶏(ブロイラー)の商品作りをしました。
空
Xmasパーティー 12月20日(金)
  学生手造りの少し早い、Xmasパーティーが開催されました。
料理実習で作った、オードブルや海鮮チラシ寿司、若鳥モモ焼きなど沢山のご馳走と全員参加のビンゴゲームで大変盛り上がり楽しいXmasパーティーでした。
空
第100期竹岸祭  11月21日(木)
  第100期学生が入学して1カ月が過ぎ『小春日和』の言葉が似合う、穏やかで暖かい天候のなかご来賓、第99期卒業生を迎え竹岸祭が開催されました。
 
トーストマスター(井上 朋也君)の発声で竹岸祭が始まりました。   ご来賓はじめ、学生、OBが各グループに分かれて赤ワインでバーベキューを楽しみました。
学生がグループに分かれて、それぞれで考えた余興を披露し、楽しい時を過ごしました。
空
第32回青雲ミート会関東支部総会開催  11月6日(水)
  東京都文京区の水道橋グランドホテルにて、本校卒業生100名を超える沢山の青雲ミート会会員が参加され盛大に開催されました。
青雲ミート会支部総会が全国各地で開催されています。
★青雲ミート会は、本校の卒業生で構成するOB会で全国各地に支部があります。
平野学校長、竹田青雲ミート会会長、松井名誉校長、の挨拶があり、引き続きUSMEFによるアメリカン・ビーフについての講演が行われました。
新会員となる第98期・第99期卒業の関東地区在中17名が参加しOBから温かく迎えられ社会人としての抱負を発表しました。
空
中川学園調理技術専門学校生「食肉解体体験学習」 11月1日(金)
  中川学園の1年コースと2年コースの卒業を控えた総勢59名の学生が豚枝肉の解体【枝分割から各部位の捌き(脱骨操作)】を見学と実際にナイフを持ち、操作を行いました。
参加した生徒全員で、小分けをされた肉塊の筋を引きトリミングを行い興味深く、最後まで楽しく体験学習する事が出来ました。
空
マラソン大会 10月30日(水)
  澄みきった青空が秋を感じるなか、マラソン大会が行われました。
 
走る前に、全員でコースの下見を兼ねて学校周辺を散策しました。   コース途中のきつい坂道を走りぬき一位で、ゴールした大矢 耕平君おめでとう。
空
オリエンテーリング  10月18日(金)
  茨城県立中央青年の家(筑波山)において、第100期生のオリエンテーリングが行われました。
スポーツの秋、幼稚園や小学校の校庭では運動会が行われ、台風一過の空がことのほか青く澄んで、心地よいオリエンテーリング日和となりました。
オリエンテーリングのコース途中、牛久大仏などが眺められ、その景色は奇麗で大変気持ちの良い一日になりました。
全グループが無事ゴールした後は、全員でバーベキューを楽しみ、新たな友人との絆を深めました。
空
第100期入学式が挙行されました。 10月15日(火)
  全国各地から将来への夢と希望を持って、第100期という記念すべき入学式を迎えました。
学生を代表して近藤正樹君より新入学生宣誓が行われ入学式が終了致しました。
入学式終了後の会食会において新入学生より6カ月間の学校生活の心構えや抱負の発表がなされました。
空
第99回卒業式が挙行されました。 9月30日(月)
  第99期本科生前期終了、第98期本科生、第99期生の卒業式が挙行されました。
お忙しきなか、ご出席頂いたご来賓の方々、ご父兄の皆様より沢山のお祝いの温かい言葉を頂きました。
卒業生を代表し岡村 征真 君より卒業生答辞が読み上げられました。
空
第99期ミート・ザ・ミート・フェア開催 9月20日(金)
  9月になりましたが、相変わらず厳しい残暑が続いています。フェアに向け、個々の役割をしっかりと果たしお客様に喜んで頂ける商品を販売しました。
第99期の開発商品は、キム・ギョプサル(辛さが旨さ)と、あんこーるかつ(一つじゃ物足りない)の2商品を販売しました。
空
OB講話
  OBの方々から講話を頂きました。
6月14日(金) (株)みと食品ナカガワ 代表取締役 中川喜代志氏(31期卒)
6月21日(金) (株)斉藤商店 代表取締役 斉藤智夫氏(35期卒)
7月31日(水) (有)グルメ・ナカムラ 代表取締役 中村勇士郎氏(15期卒)
8月1日(木) イオン商品調達(株) 生鮮調達本部 宮川亜貴雄氏(68期卒)
8月8日(木) 米国食肉輸出連合会(USMEF)
シニアマーケティングディレクター 山庄司岳道氏(38期卒)
8月9日(金) 前 東武ストア 代表取締役 玉置富貴雄氏(11期卒)
9月21日(土) (株)イトーヨーカ堂 取締役 専務執行役員 社長付 
営業管掌  竹田利明氏(27期卒)
   
以上の方々よりOB講話を頂きました。

 
空
牛の実習が終わりました。 8月21日(水)
  牛の枝分割(大きな骨の付いたものを6分割)から捌き(脱骨操作)、商品(ステーキ、焼き肉用、すき焼き用など)を作り、全部位の検食を行い、部位による肉質の違いなどを確認しました。
実習で使用した牛枝肉の個体識別番号は以下の通りです。
※08547-68835 ※12188-78412 ※12487-88415 ※12190-51852
※12443-12614 ※12443-05692 ※12393-39602 ※12497-25075
※12430-84628 ※13042-35716 ※11804-54638 ※12170-82445
※03065-09924 ※12576-17522 ※13368-26852 ※13486-52678
空
ソーセージ製造実習  8月8日(木)
  4グループに分かれてウインナーやフランクフルトの製造実習を行いました。
ウインナーやフランクフルトのなかに入れる種物をグループのメンバーと話し合いました。
商品名は、「ナチュラル フランク グリーン アボガド」、「カリーヴルスト」、「クリーミーボイル」、「ご飯がすすむウインナー」の4種類のソーセージを作りました。
加工理論の荒木先生からは、『全体に良く出来ていて、レベルが高い』とのコメントを頂きました。
空
市場見学 8月2日(金)
  ダイエーいちかわコルトンプラザ店(千葉県市川市)の店舗見学と、 東京都中央卸売市場・食肉市場(東京都港区)において体験学習を行いました。
   
株)ダイエー(人事企画部教育企画課)和久氏と第66期卒の(関東SM事業本部商品部ミートカテゴリーCBY)服部氏より、いちかわコルトンプラザ店についての店舗説明や棚割(商品の陳列)などについて詳しく教えて頂きました。   東京食肉市場(株)の落合氏より、豚の流通の変化や枝肉の見分け方などの説明を受け、実際に行われているセリを見学する事が出来ました。   原田畜産食品(株)の原田会長から牛枝肉(ホルスタイン・交雑牛(国産牛)・和牛)など、実物を見ながら細部にわたって詳しく教えて頂きました。その後、模擬セリを体験しました。
空
第99期ポーク・ステップ・ジャンプ・セール 7月12日(金)
  梅雨が明け、連日の猛暑日のなか第99期ポーク・ステップ・ジャンプ・セールが開催されました。
セールに向け学生全員で、売上目標などを決め原価計算から売価を決定、棚割(オープンケースへの陳列方法)などを考えて、お客様に喜んで頂けるお店作りをしました。
試食コーナーでは、竹岸風メンチカツや豚ばら肉蒲焼の試食を行い盛況のうちに完売しました。
空
食鶏の実習が終了しました。 6月27日(木)
  6月26日(水)に、第99期P・S・J・Sで販売するブロイラーの商品化をしました。
若鶏は、小さいため細かな操作が必要なので慎重に三ツ取り操作から捌き、商品を作るまで全員が集中して行いました。
若鳥もも正肉をはじめ内臓のレバーや砂肝を使った焼き鳥なども作り、すぐに冷凍庫において保管しました。
空
ソフトボール親善試合『竹岸食肉専門学校 対 プリマハム茨城工場』  6月9日(日)
  気象庁より5月29日に関東地方に梅雨入りが発表されましたが雨が少ない日々が続いています。
試合当日も、さわやかな初夏の季節を思わせる日差しがグラウンドに注ぎソフトボールの試合日和となりました。
第99期学生とプリマハム茨城工場従業員とのソフトボールの試合が行われ、試合の結果は、33対2で竹岸食肉専門学校が勝利しました。
 
試合終了後、第99期学生とプリマハム茨城工場従業員の方々とバーベキューを楽しみ友好を深めました。   青雲寮の玄関前で、選手と応援団で記念撮影をしました。
空
第99期竹岸祭  5月23日(木)
  第99期学生が入学して1カ月が過ぎ校庭の草木も芽吹き、清々しい5月晴れの空のもとで竹岸祭が開催されました。
 
トーストマスター(安島雄大君と山之内裕樹君)の発声で始まりました。   グループ対抗の余興を披露しご来賓、OBも参加し楽しい一日を過ごしました。
全国各地から入学した学生は、お互いを知り合い友情が芽生えてきました。本日竹岸祭が開催され、各グループに分かれてのバーベキューは、大変美味しく赤ワイン等も有り、出席者全員が楽しい一日を過ごし、互いに絆を強めました。

空
平成25年度とりせん新入社員研修 5月14日(火)〜18日(土)
  4泊5日の新入社員研修が行われました。
スケジュールは、午前は教室において講義(社会人としてのマナーや食肉に関する基礎知識など)を受け、午後は実習場において、枝肉からの捌き操作(脱骨)を見学し、また、実際に全研修生が捌き操作や商品化を体験しました。
自分で作った焼き肉用のお肉や、いろいろな部位を実際に焼いて検食、その美味しさに全員が感動しました。
空
マラソン大会  4月27日(土)
  新緑が芽吹き一段と暖かさを増すなか、恒例のマラソン大会が開催されました。
 
優勝は、後ノ上光希君で優勝タイムは、14分19秒です。現コースに変わってからの、最高記録を更新しました。   最後のランナーを皆で迎え、全員が無事完走しゴールを喜びあいました。
空
オリエンテーリング  4月18日(木)
  茨城県立中央青年の家(筑波山)において、第99期生のオリエンテーリングが行われました。
10km10ポイントのコースで行われ、少し汗ばむほどのオリエンテーリング日和となり、コースの山道から八重桜の花などを眺めながら優勝を目指し頑張りました。
全チームがゴールしバーベキューを美味しく頂き、楽しい一日となりました。
空
第99期入学式が挙行されました。 4月15日(月)
  希望にあふれる輝かしい春を迎え、竹岸食肉専門学校に入学して来ました。
新入学生を代表し宣誓を読み上げる石川 洋平 君
 
入学式後の会食では、ご来賓、ご父兄から暖かいお祝いの言葉を頂きました。
空

第98期本科生前期終了、第98期生の卒業式が挙行されました。 3月30日(土)
 
 
松井名誉校長から、卒業後会社においてトップを目指し努力するようにと励ましの言葉を頂きなした。   卒業生を代表し勝俣 真央 君より卒業生答辞が読み上げられました。
 
卒業式終了後、校庭のさくらの花が咲くなか、卒業生の代表が、打鐘を行いました。   会食では、一人一人にご父兄やご来賓から卒業のお祝いの言葉を頂き、目標に向かい決意を新たにしました。
空
第98期ミート・ザ・ミート・フェア開催  3月22日(金)
  桜が、3月13日には九州で開花が始まり、校庭の桜も満開になり各地で過去最早記録となった桜前線です。
フェア当日も暖かな日和になりました。
キャッチフレーズが、『まごころぎゅうぎゅう』に決まり豚の商品化から黒毛和牛の商品化まで学生全員が真心こめて作りました。
学生が考案した開発商品は、【竹岸こまから】と【肉お好み揚げ】の2品に決まり盛況のうちに完売することができました。
空

牛の実習が終わりました。 2月23日(土)
  各学生が枝分割よりはじめ全部位(すべての肉塊)を商品化(ステーキ・焼肉・うす切り・しゃぶしゃぶ等)まで行い、各部位による肉質の違いを検証し牛実習が終わりました。
実習で使用した牛枝肉の個体識別番号は以下の通りです。
※03842-08368 ※11856-81237 ※13199-07622 ※11815-38498
※12446-63150 ※11823-22744 ※12016-67788 ※12446-96219
※12201-77923 ※12134-74206 ※12512-02984 ※12560-84462
※12589-67329 ※12430-15165 ※12405-54896
空
OB講話
  OBの方々から講話を頂きました。
現在の経済情勢や流通業界の今後についてのお話や、専門店を経営するなかで培ったお客様への心遣いや行動が大切である事や、在学時代の体験から得た知識や体力を活かし会社、家業に戻ったらまず第一に『挑戦』する心構え(一歩前に出ること)が重要であるとお話を頂きました。
12月14日(金) (株)斉藤商店 代表取締役 斉藤智夫氏(35期卒)
1月25日(金) イオン商品調達(株) 生鮮調達本部 宮川亜貴雄氏(68期卒)
2月8日(金) (株)みと食品ナカガワ 代表取締役 中川喜代志氏(31期卒)
2月13日(水) (有)グルメ・ナカムラ 代表取締役 中村勇士郎氏(15期卒)
2月14日(木) (株)イトーヨーカ堂 取締役 専務執行役員 商品本部長 
          竹田利明氏(27期卒)
2月19日(火) 米国食肉輸出連合会(USMEF)シニアマーケティングディレクター 
          山庄司岳道氏(38期卒)
2月22日(金) 前 東武ストア 代表取締役 玉置富貴雄氏(11期卒)
以上の方々よりOB講話を頂き、98期生に対して温かい言葉をかけて頂きました。
空
ソーセージ製造実習  2月18日(月)
  各グループに分かれて羊腸と豚腸を使ったウインナーとフランクフルトを作りました。
担当したグループでそれぞれに名前をつけ『無添加ウインナーさっぱりレモン』『あらびき豚人(ブタンチュ)フランク』『ジャンジャン食べよう ジンジャーじゃん』『黒王』など発想に飛んだ商品が出来ました。また、全員で検食し出来たての、その美味しさに"感動!!"しました。
 
     
   
空
市場見学 2月8日(金)
  ダイエーいちかわコルトンプラザ店(千葉県市川市)の店舗見学と、 東京都中央卸売市場・食肉市場(東京都港区)において体験学習を行いました。
 
(株)ダイエー(関東商品部ミート販売促進担当)第49期卒業の鈴木氏より、いちかわコルトンプラザ店についての店舗説明や棚割(商品の陳列)などについて詳しく教えて頂きました。   東京食肉市場(株)の落合氏より、豚の流通の変化や枝肉の見分け方などの説明を受け、実際に行われているセリを見学する事が出来ました。
原田畜産食品(株)の原田会長から牛枝肉(ホルスタイン・交雑牛(国産牛)・和牛)など、実物を見ながら細部にわたって詳しく教えて頂きました。その後、模擬セリを体験しました。
空
平成24年度「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」技能検定実技試験 2月2日(土),3日(日)
  2月2日(土)・3日(日)の2日間にわたり,平成24年度後期「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」技能検定実技試験が実施され1級・2級の受験者270名が 全国各地より来校し、課題に取り組みました。
 

空
第98期ポーク・ステップ・ジャンプ・セール 1月24日(木)
  若鶏の三つ取り操作からはじめ、ポーク・ステップ・ジャンプ・セールで販売する、心のこもった沢山の商品を作りました。
セールのテーマは、『トン♪トン♪拍子でいこう!』になり美味しいお肉を食べて家族みんなでトントン拍子!を願って開催されました。
豚枝肉は、茨城県産上規格を学生全員で捌き(脱骨操作)からスライサーなどを使い、美味しそうな商品ができました。
販売した商品は、焼肉セットや切り落とし、しゃぶしゃぶセット、各しゃぶしゃぶ用など沢山の種類をご用意しお客様に喜んで頂きました。
 
 
空
平成25年 成人式・新年会  1月15日(火)
  前日は、関東地方を中心に大雪となり一面銀世界のなか校庭にも雪が積もり、底冷えのする日に、平成25年 成人式・新年会を開催しました。
茶会(初釜)を学生が体験し本席の作法を学び、引き続き学生自らが料理実習で作った、おせち弁当を美味しく頂きました。
部屋対抗の余興が始まり、体を張った物から手先を器用に使った手品など、練習の成果を発表披露し楽しいひと時を過ごしました。
 
 
空
食鶏実習最終日(第98期P・S・J・S用商品化) 12月21日(金)
  若鶏の三つ取り操作からはじめ、ポーク・ステップ・ジャンプ・セールで販売する、心のこもった沢山の商品を作りました。
 
全学生が基本に沿ったナイフ操作を行い、綺麗で美味しそうな商品ができました。
空
Xmasパーティー 12月20日(木)
  少し早い、学生手造りのXmasパーティーが開催されました。
午後の料理実習で、若鳥もものローストチキンや唐揚げなどのオードブルや、クリームシチューなどを作りました。
Xmasパーティーが乾杯の発声で始まり学園生活の楽しい思い出がまた一つ出来ました。
空
第98期竹岸祭が開催されました。 11月28日(水)
  朝から小雨が降ったり止んだりの冷え込む日の竹岸祭になりましたが、トーストマスターの乾杯の合図ではじまると雨も止みワインとバーベキューを美味しく食べ、部屋対抗の趣向を凝らした余興が披露され楽しい一日を過ごしました。
トーストマスター(水野雄太君、桑名佑太君)両名によりワインで乾杯が行われ第98期竹岸祭が開催されました。
入学して1カ月半が過ぎ全国から集まった同期の仲間となお一層の強い絆ができました。
空
第31回青雲ミート会関東支部総会が開催されました。 11月7日(水)
  東京都文京区の水道橋グランドホテルにて、本校卒業生100名を超える沢山の青雲ミート会会員が参加され盛大に開催されました。
青雲ミート会支部総会が全国各地で開催されています。
★青雲ミート会は、本校の卒業生で構成するOB会で全国各地に支部があります。
平野学校長、松井名誉校長、竹田青雲ミート会会長の挨拶があり、引き続きUSMEFによるアメリカン・ビーフについての講演が行われました。
 
最後に参加者全員による、万歳三唱を行いました。   新会員となる第96期・第97期卒業の関東地区在中13名が参加しOBから温かく迎えられ社会人としての抱負を発表しました。
空
中川学園調理技術専門学校生「食肉解体体験学習」 11月2日(木)
  中川学園の1年コースと2年コースの卒業を控えた総勢46名の学生が豚枝肉の解体【枝分割から各部位の捌き(脱骨操作)】を見学し参加者全員が、実際にナイフを持ち、興味深く、最後まで楽しく体験学習する事が出来ました。
 
お肉のトリミング操作を全員がナイフを持って体験しました。   体験学習を終了し当校教員と(1+1は、にー)の発声で!記念写真の撮影を行いました。
空
第11期同期会が開催されました。 10月20日
  当校第11期卒業の皆さんが、43年ぶりに同期会を開催しました。
学校に集合し近況報告や学生時代を懐かしみ、想い出話しに華が咲きました。
引き続き、東京の宴会会場までバスで移動し、途中故坂本校長先生、故藤中校長先生の墓参りもしました。
 
卒業を記念して建てたイレブン塔の前での記念写真   川岸先生の乾杯の発声により、在校当時の恩師や43年ぶりの仲間との宴会が始まりました。
空
マラソン大会 10月27日(土)
  秋晴れの心地よい日に、マラソン大会が開催されました。
今期は、コースのコンディションも良く、また、全員が頑張り好タイムでゴールし平均タイムが、例年より2分ほど速い記録がでました。
 
スタートの号砲がなり一斉にゴールを目指し、元気にマラソンコースに飛び出して行きました。   一位で、ゴールした小池 淳君おめでとう。
空
オリエンテーリング  10月18日(木)
  茨城県立中央青年の家(筑波山)において、第98期生のオリエンテーリングが行われました。
天候がはっきりしない小雨模様のなかスタートしましたが、途中から雨も上がり全員が元気良くゴールしました。
   
コースに有る10個のポイントを探し時間と正確さを競いました。
   
各チームが一つになりお互いを理解するきっかけになりました。   ゴールの後、バーベキューを皆で美味しく食べました。
空
第98期生の入学式が挙行されました。 10月15日(月)
  10月にも関わらず残暑が長引くなか、第98期生の入学式が挙行されました。
全国各地から、食肉業界・流通業界の担い手となる若者が、夢と希望を実現すべく入学式を迎えました。
 
平野校長から新入学生へ、お祝いの言葉と心構えについてお話が有りました。   入学式が終わり、ご来賓や学校関係者また、初めて会った同級生と共に会食会が行われ、楽しいひと時を過ごしました。
空
第97期本科生前期終了、第97期生の卒業式が挙行されました。 9月29日(土)
  沢山のご来賓をお迎えして、第97期本科生前期終了 、第97期生の卒業式が挙行されました。
入学して6カ月間、多くの仲間と共に午前の実習と午後の授業において食肉、流通について深く学び寮生活を通じ仲間との友情と、社会人としての生活習慣を身につけ将来大切であろうコミュニケーション能力の向上に努めた第97期生が卒業式を迎えました。
 
卒業生を代表し小林 尚芳 君より卒業生答辞が読み上げられました。   タケダハム株式会社 代表取締役 社長 竹田 清様よりご来賓挨拶を頂きました。
空
第97期ミート・ザ・ミート・フェア開催  9月20日(木)
  卒業をまじかに控え、『感謝』をテーマにした第97期のミート・ザ・ミート・フェアが開催されました。
今年は、秋とは言え残暑が厳しく汗ばむ程の天候に恵まれる中、沢山のお客様にご来店頂き、学生自ら考えた開発商品2品(コマDEメンチとタコバーグ)を試食販売し好評のうちに完売する事が出来ました。
フェアに向け学生自らが売上目標、仕入頭数から商品アイテムを決め、原価計算を行い棚割を決定し、実習場において黒毛和牛、豚上規格枝肉を捌き(脱骨操作)から商品化まで行いました。今回販売した黒毛和牛の個体識別番号は、12582-66477 です。

空
ソーセージ製造実習  8月22日(水)
  各グループに分かれて羊腸と豚腸を使ったウインナーとフランクフルトを作りました。
担当したグループでそれぞれに名前をつけ『レモン&パセリウインナー』『も〜ちっとウインナー』『ウメーナー』『やまわさ』『みソー』など発想に飛んだ商品が出来上がり、作りたてを全員で検食し美味しさに感激!!
ソーセージ製造実習を通じて商品開発に興味が湧き、これからも勉強を重ねていこうと思いました。
空
牛の実習が終わりました。 8月21日(火)
  牛の枝肉について説明を受け、学生が全部位(すべての肉塊)を枝分割より商品化(ステーキ・焼肉・うす切り・しゃぶしゃぶ等)まで行い、種別や各部位による肉質の違いを検証し牛実習が終わりました。
実習で使用した牛枝肉の個体識別番号は以下の通りです。
※12581-05943 ※12394-01538 ※10135-59301 ※12418-75327
※12485-33480 ※10772-76350 ※12016-67788 ※12446-96219
※12201-77923 ※12134-74206 ※12422-82759 ※10123-30857
※02420-04699 ※12424-10909 ※10292-46578 ※12457-46043
空
市場見学 8月3日(金)
  ダイエーいちかわコルトンプラザ店(千葉県市川市)の店舗見学と、 東京都中央卸売市場・食肉市場(東京都港区)において体験学習を行いました。
 
(株)ダイエー(ミートチーフバイヤー)第54期卒業の高山氏より、いちかわコルトンプラザ店についての店舗説明や棚割(商品の陳列)などについて詳しく教えて頂きました。   東京食肉市場(株)の落合氏より、豚の流通の変化や枝肉の見分け方などの説明を受け、実際に行われているセリを見学する事が出来ました。
 
原田畜産食品(株)の原田社長から牛枝肉(ホルスタイン・交雑牛(国産牛)・和牛)など、実物を見ながら細部にわたって詳しく教えて頂きました。   電光掲示板に牛枝肉の種類・産地・格付けなどが表示され、実際のせりと同様に模擬せりを行い学生全員が体験できました。
空
第97期ポーク・スッテプ・ジャンプセールが開催されました。 7月12日(木)
  梅雨明けも間近、青雲寮の紫陽花が大輪の花を咲かせています。
今期のポーク・ステップ・ジャンプセールのテーマは、『熱くいこうぜ 値豚祭』に決まり、品揃えや店舗の飾り付け、ユニホームなどをテーマに沿って準備をしました。
開店当初は、残念ながら雨風が強く心配しましたが、学生の熱気あふれる接客と御もてなしの心で、天気も良くなり沢山のお客様がご来店いただきました。。
 
 
空
食鶏実習最終日(第97期P・S・J・S用商品化) 6月27日(水)
  食鶏実習最終日にポーク・スッテプ・ジャンプセールで販売する鶏肉の商品化を行いました。実際に販売する商品を作るのが初めての学生も緊張のなか楽しくしっかりと商品が作れました。
 
空
(株)カスミ精肉加工センター平成24年度新入社員研修 6月18日(月)〜22日(土)
  豚の枝肉(骨が付いている大きな肉塊)を捌き(脱骨操作)より規格肉(流通形態)までを実際の操作を見学した後に持参した自分のナイフを使い、豚腿部位の小割から小分け、トリミングを行いカッテング(商品作り)をしました。
実習最後にカッテングしたお肉を検食し、部位による肉質の違いやカッテングによる食感の違いを確認できました 。
 
空
ソフトボール親善試合(プリマハム活城工場対竹岸学園) 6月3日(日)
  連日の雨に木々の緑も深まるなか、当日は晴天に恵まれ少し汗ばむほどの試合日和となりました。
隣接するプリマハム活城工場の従業員と学生のソフトボールの親善試合が行われ 追いつ追われつの展開となり、一つ一つのプレーに応援も大盛り上がりの楽しい一日となりました。
 
試合結果は13-15と残念な結果でしたが試合終了後、プリマハム(株)茨城工場の従業員と学生でバーベキューを行い親交を深めることが出来ました。
空
第97期竹岸祭  5月24日(木)
  さわやかな五月晴れの日、汗ばむほどの天候に恵まれ第97期竹岸祭が開催されました。
参加された沢山のご来賓また、ご父兄や第96期卒業生と在校生皆でワインとバーベキューを食べながら各グループの余興で楽しい一日を過ごしました。
 
トーストマスター(塩村和稔君、越智真人君)によりワインで乾杯が行われ第97期竹岸祭が開催されました。   入学して1カ月半が過ぎ全国から集まった同期の仲間となお一層の強い絆ができました。
   
先生方を交えた余興や、色々なコスチュームに身を包んだ楽しい余興が披露されました。
空
(株)とりせん 平成24年度新入社員研修 5月8日(火)〜12日(土)
  平成24年度新入社員研修が竹岸学園で行われました。
午前は講義そして、午後には、実習場において枝肉(骨が付いている肉)の脱骨から商品化までの流れを学びその後全員が実際にナイフを持ちカッテングをしました。
実習最後に自分たちで商品化した商品(とんかつ・焼き肉など)を検食し部位による違いを学び有意義な研修となりました 。
 
空
マラソン大会 4月28日(土)
  春も深まり、木々の緑が濃さを増してきたように感じられ、マラソンコース途中の田んぼでも田植えの準備が進むこの頃です。
天候にも恵まれ、恒例のマラソン大会が開催され全員が無事完走しました。
 
号砲一発!! 全員が元気よくスタートしました。   優勝は、小野 憲人君おめでとう!!
空
オリエンテーリング  4月19日(木)
  茨城県立中央青年の家(筑波山)において、第97期生のオリエンテーリングが行われました。
春光をいっぱいに浴びつつ、野山を走り(散策)10個のポイントを額の汗をぬぐいながらチーム一丸となりオリエンテーリングを楽しみました。
   
コースの途中で出会った各チームの面々、全員が楽しそうでした。
   
オリエンテーリングは、全チームが無事ゴールし終了後、バーベキューを美味しく食べ最後に学生全員でバーベキュー場の掃除を行いました。
空
第97期生の入学式が挙行されました。 4月16日(月)
  桜の開花が例年より少し遅くまだ桜の花が残るなか入学式が挙行されました。
沢山のご父兄やご来賓からお祝いのお言葉を頂き学園生活に少しの不安と沢山の希望を胸に入学式を迎えました。
 
平野学校長より新入学生に学生としての心構えについてお話があり引き続き新入学生宣誓が、小林 尚芳君より読み上げられました。
 
入学式終了後の会食会では、ご父兄、ご来賓より改めてお祝いのお言葉を頂きました。また、これから共に過ごす仲間と楽しいひと時を過ごしました。
空
第95期本科生、第96期生の卒業式が挙行されました。 3月30日(金)
  春の訪れで学校の庭も少しずつ春の化粧を始めました。一年間又半年間一緒に学んだ、一生付き合える友人と共に全国に巣立ち竹岸学園での経験を活かして、若きパワーでますます活躍されることをお祈りしております。
 
卒業生を代表し古川 拓也君より卒業生答辞が読み上げられました。
   
卒業式後の会食では、一人一人にご父兄やご来賓から卒業のお祝いの言葉を頂き、目標に向かい決意を新たにしました。
空
第96期ミート・ザ・ミート・フェア開催 3月22日(木)
  卒業感謝セール第96期のミート・ザ・ミート・フェアのテーマは『新鮮力』に決まり、新鮮な商品や接客を心がけ全員一丸となり取り組みました。
 
 
*販売した黒毛和牛の個体識別番号は、※10123-91452です。
空
牛の実習が終わりました。  2月22日(水)
  全学生が全部位の枝分割〜捌き(脱骨操作)〜小割(大きな肉塊に分ける)〜小分け(さらに細かい肉塊に分ける)〜トリミング〜商品化を行い一連の流れを実習を通して学びました。
 
 
実習で使用した牛枝肉の個体識別番号は以下の通りです。
※03904-07922 ※01309-04124 ※12074-89391 ※12136-86364
※12135-07065 ※12352-58525 ※12361-33876 ※12020-57601
※11653-42776 ※12428-37454
空
スーパーマーケット(株)田子重店長・副店長研修  2月6日(月)〜2月10日(金)
  2月6日(月)〜2月10日(金)の4泊5日でスーパーマーケット(株)田子重の店長・副店長研修を行いました。
午前の講義においては、食品衛生・品質管理から売価設定そして売場づくり等の知識を幅広く学びました。
午後は、実習場においてナイフの持ち方、立ち方の基本動作から始まりカッテング、スライサーの操作方法を体験しました。
実際に豚肉の取り扱い方やカッテングの違いによる商品への影響などを確認しました。
空
市場見学 2月2日(木)
  ダイエーいちかわコルトンプラザ店(千葉県市川市)の店舗見学と、 東京都中央卸売市場・食肉市場(東京都港区)において体験学習を行いました。
 
ダイエーの西村氏(第63期卒業)よりダイエーいちかわコルトンプラザ店の店舗と商品について説明と質疑応答がありました。   東京食肉市場(株)落合氏より、豚の生体から枝肉になる工程と枝肉について説明を頂き実際のセリを見学しました。
 
原田畜産食品(株)の原田会長から牛枝肉(ホルスタイン・交雑牛(国産牛)・和牛)、産地(松坂牛・前沢牛など)の違いなどについて細部にわたって詳しく教えて頂きました。   牛枝肉の大きさに驚き圧倒されるなか、電光掲示板に牛の種類・産地・格付けなどが掲示され実際に模擬せりを体験しました。
空
「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」技能検定実技試験 1月28日(土),29日(日)
  1月28日(土)・29日(日)の2日間にわたり,平成23年度後期「ハム・ソーセージ・ベーコン製造」技能検定実技試験が実施され1級・2級の受験者287名が 全国各地より来校し、課題に取り組みました。
実地試験   筆記試験
空
平成24年 成人式・新年会 1月24日(火)
  平成24年成人式・新年会を開催しました。
校庭には、前日の夜降った雪が積もり体の芯から寒さを感じるなか、会場は温かく楽しい成人式・新年会を開催しました。
竹岸学園伝統の茶会(初釜)を学生が体験し本席の作法を学び、引き続き学生自らが料理実習で作った、おせち弁当を美味しく頂きました。
部屋対抗の余興が始まり、練習の成果を発表披露し楽しいひと時を過ごしました。
空   空
空    
空
第96期ポーク・ステップ・ジャンプ・セール  1月20日(金)  
  第96期ポーク・ステップ・ジャンプ・セールが開催されました。
セール当日は残念ながら朝から小雨がちらつき寒い天候にも関わらず沢山のお客様がお見えになり完売ができました。
今回のテーマは、『Hot・ホッと』に決まり人と人との繋がりを大切にした接客を心がけ、お店とお客様の温かいふれあいが出来ました。
お買いになったお客様が、鍋を囲んで家族団らん、また友人と楽しいひと時を過ごせるように丁寧な商品作りをしました。
空   空
空   空
空
食鶏実習最終日(第96期P・S・J・S用商品化)  12月21日(水)  
  食鶏最後の実習日に、ポーク・ステップ・ジャンプ・セールで販売する鶏の商品を作り直ぐに冷凍しました。
三つ取り操作からはじめ、一つ一つの操作を大切に行い、心のこもった沢山の商品ができました。
空   空
若鶏もも正肉、むね正肉から手羽中の筏串、レバーの焼き鳥など沢山の商品を作り、P・S・J・Sに自信を持って販売出来る物が出来ました。
空
Xmasパーティを開催しました。 12月20日(火)
  料理や会場の飾り付けなど、手作りの4日早い毎年恒例のXmasパーティを開催しました。
仲間と過ごす楽しい時間が“あっ”と言う間に過ぎていき良い思い出になりました。
空
自分達で作ったオードブルや鶏のモモ焼き、シチューなど沢山の料理が並びました。
空
全員参加のビンゴゲームに皆がワイワイと楽しく商品のゲットを目指しました。
空
第96期竹岸祭  11月25日(金)  
  入学して1ヶ月半が経過し、学園生活にも慣れ充実した日々を過ごして来ました。
小春日和に恵まれたこの日の竹岸祭をご来賓、ご父兄はじめ参加者全員が楽しく過ごしました。
空   空
バーベキューと赤ワインで美味しく、楽しい竹岸祭が開催されました。   学生の余興では、水戸の黄門様と助さん、格さんの三人が織りなす組み体操は力ずよく参加者全員が感動しました。
空
スーパーマーケット(株)田子重精肉サブチーフ研修  11月28日(月)〜12月2日(金)
  店長、副店長も参加され精肉サブチーフ研修が4泊5日で行われました。
午前は、商品を作るのに必要な、食品衛生と品質管理から売場づくり、棚割表の作成、陳列基準について学び午後、実際に規格肉から小割、小分け、カッテングを加工基準に従って商品化に至るまでの数字を確認し原価計算や値入れ(売価設定)などについて店舗で実際に役立つ実習となりました。
空   空
自分たちで商品化した物で、カッテングの違いによる盛付けや味の違いを確認し新しい発見がありました。   充実した4泊5日の研修が終わり職員と記念撮影

空
第30回青雲ミート会関東支部総会が開催されました。 11月9日(水)  
  東京都文京区の水道橋グランドホテルにて、本校卒業生100名を超える沢山の青雲ミート会会員が参加され盛大に開催されました。
青雲ミート会支部総会が全国各地で開催されています。
★青雲ミート会は、本校の卒業生で構成するOB会で全国各地に支部があります。
空
松井名誉校長、平野校長、竹田青雲ミート会会長の挨拶を頂きました。
空
関東各地から会員が集まり在校当時の思い出や近況報告など親睦を深め合いました。また、新会員となる第94期・第95期卒業の13名が参加しOBから温かく迎えられ社会人としての抱負を発表しました。

空
中川学園調理技術専門学校生「食肉解体体験学習」  10月28日(金)  
  豚の枝肉について説明を受け解体から商品になるまでの流れを興味深く真剣に学び、充実した食肉解体体験学習が出来ました。
空
空
実際にナイフを持って、脂肪の整形、筋引き、カッテングを基礎から学び全員が体験しました。
空
マラソン大会  10月29日(土)  
  入学して、早くも2週間が過ぎ恒例のマラソン大会が開催されました。
当日は、すがすがしい運動日和に恵まれてハードなマラソンコースを学生全員が完走しました。
空   空
コース終盤に有る急な坂道を走る優勝した金井君後方から第2位の古川君の姿が見えます。   優勝は金井功輔君おめでとう!!
空
オリエンテーリング  10月20日(木)  
  茨城県立中央青年の家(筑波山)において、第96期生のオリエンテーリングが行われました。
さわやかな秋晴れに恵まれコースの途中には柿やみかん等、秋の味覚が沢山実をつけ、稔りの秋を感じながらゴールを目指しました。
空
筑波山の自然を身体じゅうに感じながら気持のいい汗を流しゴールを目指します。
空
全員がゴールしグループ毎にバーベキューを楽しみました。
空
第96期入学式が挙行されました。  10月15日(土)   
  入学式当日の朝は雨模様でしたが、式が終わるころには雨も上がり全国各地から、希望に満ちあふれ、食肉業界・流通業界の担い手となる若者が入学を迎えました。
空   空
松井鉄也名誉校長よりお祝いの言葉を頂きました。   入学式終了後、会食会には、ご来賓・ご父兄も参加され学校生活の抱負を発表しました。
空
第95期本科前期修了、第95期卒業式が挙行されました。 9月30日(金)   
  晴れた秋の日に少し暑さを感じるなか沢山のご来賓、ご父兄をお迎えして第95期本科前期修了、第95期卒業式が挙行されました。
竹岸学園で得た体力・知力・気力をいかんなく発揮して、卒業後に希望と夢を実現するように実践しようと誓い合いました。
空   空
ご来賓から、「入学式に参加した時よりも大きく成長した姿が見られました。卒業後は将来に向けて竹岸学園で学んだ事を実践して下さい」と祝辞を頂きました。   卒業式終了後の会食会において派遣企業の方やご父兄から卒業生に温かいお言葉をかけて頂きまた、卒業後の抱負を発表し楽しい会食会になりました。
空
第95期ミート・ザ・ミート・フェア開催 9月17日(土)  
  商品化において、品温の管理をしっかりと行い、大変綺麗な商品を作ることが出来ました。
販売した黒毛和牛の放射線検査の結果は、『検出せず』でした、安心し安全なお肉を販売する事の大切さを学び、また、販売当日は、学生全員で元気よく販売が出来ました。

*販売した黒毛和牛の個体識別番号は、12483-93688 です。

空   空
枝肉の捌き(骨を外しお肉と骨を分けること)からスライサー(お肉を同じ厚さに切る機械)を使っての商品化まで行いました。

空   空
商品の最終チェックでお客様に喜んで頂ける商品を販売しました。   試食コーナーでは、95期生が考えた開発商品(キムチ大根バラ巻き・いろどり豚つくね串)を試食販売し、沢山のお客様に喜ばれました。

空   空
学生全員が、笑顔で接客が出来ました。
空

ソーセージ製造実習  8月19日(金)
  グループに分かれて、学生自らが考えた種ものを入れてソーセージ(ウィンナー・フランクフルト)を作り 出来たてを検食し、美味しさに驚きました。
各グループで無添加ウィンナー、 ウィンバーグ、 もちラー!!フランク、 ぺペロンさん家のガーリック君 が作られました。
空   空
高速サイレントカッターを使って絹引きを作ります。   1本1本丁寧にひねりながらウィンナーを形づくります。


空
出来たウィンナー・フランクをスモークハウスで燻製します。
空
牛の実習が終了しました。  8月18日(木)
  牛の実習は、ホルスタインから始まり最後に和牛の操作を行いました。
和牛の特性を生かした、沢山の商品が出来、充実した実習が出来ました。
空

全学生が牛の全部位を捌き、小割、小分け、商品化の流れに沿って細部にわたり説明を受けながら実習を行いました。
実習で使用した牛枝肉の個体識別番号は以下の通りです。
※08363-50638 ※11826-68491 ※12019-11041 ※12516-32286
※12190-21350 ※12372-68478 ※12303-47736 ※12056-67272
※12160-72331 ※01128-03964 
空
市場見学  8月9日(火)
  ダイエーいちかわコルトンプラザ店(千葉県市川市)の店舗見学と、 東京都中央卸売市場・食肉市場(東京都港区)において体験学習を行いました。
空   空
ダイエーの西村氏(第63期卒業)よりダイエーいちかわコルトンプラザ店の店舗と商品について説明と質疑応答がありました。
空   空
体から枝肉になる工程と枝肉について詳しく説明して頂き実際のセリを見学しました。


空
左の枝は近江牛です。右の枝は、松坂牛です。

原田畜産食品(株)の原田社長から初めに3/11の震災による放射線が畜産産業に及ぼす影響や全頭検査により安心で安全なお肉をお客様へお届けする重要性についてお話を頂きました。引き続き、牛枝肉について、また牛の種類(ホルスタイン・国産牛〈交雑牛〉・和牛)、産地(松坂牛・近江牛など)の違いなどについて細部にわたって詳しく教えて頂きました。
空
第95期  ポーク・ステップ・ジャンプ・セール  7月14日(木)
  連日の暑さに校庭の草木もぐったりする季節になりましたが、今期は『良味で元気に!』をテーマにして、学生自らが全員元気を出して商品を作り販売をし、お客さま皆様が美味しいお肉を食べて元気になるようにと第95期ポーク・ステップ・ジャンプ・セールが開催されました。
空

  空
枝分割から商品化までを学生が一丸となって元気が出る商品を作りました。商品の一例です。
(しゃぶしゃぶセット・焼肉セット)
第95期ポーク・ステップ・ジャンプ・セールの店舗全景
第95期ポーク・ステップ・ジャンプ・セールの店舗全景
(株)カスミ精肉加工センター新入社員研修   6月13日〜17日
  持参した自分のナイフを使い、豚腿部位の小割から小分け、トリミングを行いカッテングをしました。 また、実習で使ったナイフを研ぎ、道具や工具を大切にすることの重要性を認識しました。 朝から学生と一緒に行動し、社会人としての基本的な礼儀や挨拶を身につけ、夜には充実した社内研修も行われました。
空自分たちでカッテングしたお肉を検食し、部位による肉質の違いやカッテングによる食感の違いを確認できました。  
 
(株)SCミート新入社員研修  6月7日(火)〜11日(土)
  新入社員13名が4泊5日の研修を行いました。 実習では、ナイフの持ち方やナイフを持っての歩き方から始まり豚枝肉を使い枝分割から捌き、整形を見学した後、実際にナイフを使い、焼肉用やとんかつ用などにお肉を切りました。 階段教室では、食肉の商品化などの基礎知識を学びました。

スーパーマーケット鞄c子重精肉チーフ研修  5月30日(月)〜6月3日(金)
  5月30日(月)〜6月3日(金)の4泊5日でスーパーマーケット鞄c子重の精肉チーフ研修を行いました。
午前の講義においては、食品衛生・品質管理から売価設定そして売場づくり等、精肉チーフとしての知識を幅広く学びました。 午後は、実習場において実際に牛肉と豚肉の沢山のアイテム(品目)を作り各グループで商品と肉質を比較検討しました。

空

  空
牛肉と豚肉の商品化を行い実際に計量し店舗での数字を把握確認しました。

空実際に商品化した牛肉・豚肉を検食し部位による違いやカッティングの仕方による違いを確認しました。  
 
(株)とりせん 平成23年度新入社員研修 5月10日(火)〜14日(土)
  5月10日(火)〜5月14日(土)の4泊5日で(株)とりせん、平成23年度新入社員の(学)竹岸学園研修が行われました。
空

  空
実際に研修生全員が、ナイフを持ち焼肉用やとんかつ用などをカットしました。 また、カットしたとんかつ用のお肉を使い、昼食にトンカツを全員で美味しく頂きました。


空
講義は、食肉の知識、食肉工程管理、原価計算、売場管理など、他にも沢山のことを学びました。
  空
「朝の集い」には、ラジオ体操や発生練習を行い気持のよい一日が始まりました。
  空
とりせん研修生と学生の交流会は、大変盛り上がりました。
 
食鶏実習最終日(第95期P・S・J・S用商品化)  6月27日(月)
  食鶏の実習最終日に第95期P・S・J・S用の商品を作りました。 ブロイラーの屠体を三つ取り(若鶏もも肉・むね肉などに分けること)し沢山の商品を作りました。 検食において、地鶏・銘柄鶏・輸入鶏(アメリカ産)など沢山の鶏肉の違い(味・食感・風味など)や値段、肥育日数などを比較しました。 また、廃鶏を使い性別、肉質の違いなども確認ができました。
空食鶏の三つ取り操作の様子  
 
第95期竹岸祭 5月27日(金)
  天候を心配するなか準備をしましたが、当日は薄日が差し青葉若葉が目にしみ心弾む今日、入学して一ヶ月半が経ち学園生活にも慣れ御来賓や御父兄をお迎えして第95期竹岸祭を開催しました。

空

  空
トーストマスター(出水君と木戸口君)の発声により第95期竹岸祭が始まりました。

空学生主催の余興では、アントニオ猪木とブルース・リーとの勝負!?など沢山の出し物で大いに盛り上がりました。   空
御来賓、御父兄を第94期生OBと第95期生で囲み竹岸節を参加者全員で合唱し第95期竹岸祭が閉会しました。
 
オリエンテーリング   4月21日(木)
  茨城県立中央青年の家(筑波山)において、第95期生のオリエンテーリングが行われました。
当日は、花冷えを感じるなか元気よくスタートし、自然を満喫しました。

空   空
 
スタートして直ぐに地図の上に10個のポイントをマークし磁石を使い、時間と正確さを競いゴールを目指します。
空   空
 
全員が無事にゴールし、グループに分かれてバーベキューを美味しく食べました。
マラソン大会  4月30日
  若葉の緑が目にも鮮やかになり、日中は少し汗ばむほどの季節に当校恒例のマラソン大会が行われました。

空全員が苦しめられるコース途中のきつい坂は、今回も健在です。   空
最後までスピードを落とさず第一位でゴールした、内山 大輔君おめでとう。
 
区切り線
第95期入学式が挙行されました。  4月15日(金)
  御来賓、御父兄をお迎えして第95期入学式が挙行されました。

空   空
 
新入学生を迎えた校庭には、第94期生が球根を蒔き苗を植え手入れされた花壇には、パンジーやチューりップが色鮮やかに綺麗な花が咲きました。
空   空
 
御来賓のプリマハム株式会社 取締役 社長 松井鉄也様の乾杯の御発声により食事会が始まりました。 新入学生は、入学しての抱負を発表し希望に満ちた学園生活のスタートを切りました。
第94期の卒業式が挙行されました。  3月30日(水)
  御来賓から祝辞や激励の言葉を頂きました。また、卒業生を代表して、栃尾 勝君より卒業生答辞が読み上げられました。

空   空
 
Copyright (C) 2008 Takegishi Meat Packaging Technological College